ぎもん解決!

『体圧分散』って何?マットレスを使って説明してみよう!

みなさん、『体圧分散(タイアツ・ブンサン)』って言葉を聞いたことがありますか?

 

今、寝具業界では、この『体圧分散』が当たり前になってきました。

お布団やマットレス、枕やクッションまで。
パッケージのキャッチフレーズには必ずと言っていいほど、『優れた体圧分散』なんて言葉が書いてあります。

 

言葉の見た目から想像すると、一か所に重さがかからないのかなー?という印象ですが・・・。
本当のところは何のことなんでしょうか?

 

ここでは、そんな『体圧分散』のあれこれを探っていきます。

 

 

『体圧分散』って何?マットレスを使って説明してみよう!

そもそも、『体圧』って何?

重力で下がった重さ分、かかる圧力のこと。
体と、体が触れているものの接触面にかかる圧力。

説明しようとすると、言葉が難しくなってしまいますね。

では、もう一度。

マットレスに寝たときで例えると、

マットレスの上にかかる体の重み
(力を抜いたときの自然な重み)

簡単にすると、こんなイメージでしょうか。

 

『体圧』と聞くと、体をギューっと何かに押し付けたときのことを想像しませんか?
でも、じつは違うんです。

押し付けるのではなく、重力に引っ張られてかかった圧力

ということは?

言い換えると、

力を入れずに、体の重さだけで下にさがったときの体のあたりぐあい

という感じがわかりやすいかと思います。

 

 

体圧を分散する? 『体圧分散』って何?

ここでは、『マットレスに寝たとき』でお話しします。

体がマットレスにまんべんなく触ることで、重さが集中する場所との圧力の差を少なくする

人の体形は凸と凹がありますよね。
マットレスに寝たときもそれは変わりません。

枕やマットレスで体と寝具の隙間を埋めたとしてもかなりの曲線になるはずです。

この曲線の凸の部分に体圧はかかりやすくなります。

でっぱった部分だけに圧力が集中すると、その部分の皮膚は重さに耐えられなくなってしまいます。
それがひどくなると、褥瘡になったりしますね。

そうならないために、体全体がマットレスにまんべんなく触れるように研究されたのが『体圧分散』の機能です。

 

 

体圧はどのくらいかかっているのか


平均的な体圧のかかり具合です。
腰がいちばん重くなってきますね。

 

体の重さはみなさん違います。
それと同じで、寝たときの体圧のかかり具合も多少の差はでてきます。

たとえば、筋肉のつき方でも違ってきます。
野球の選手とサッカーの選手。
競輪の選手と体操の選手。

スポーツをする人としない人。

などがわかりやすいところですが、普段スポーツをしない人でも筋肉はあるので、個人差はあります。

 

もし、自分の体圧はどの部分に一番かかっているのかが気になる人は、健康寝具のメーカーで体圧を測ってくれることもあるので、各メーカーのサイトをチェックするのもいいでしょう。

 

まとめ

Q:『体圧』って何?
A:重力で下がる体の重さのこと

Q:『体圧分散』って何?
A:体圧を1カ所に集中させないこと

寝ていてマットレスに体重がかかっていることは、当たり前。
でも、その重さのかかり方で寝返りのしやすさだったり、体への負担が変わってきます。

 

体圧がうまく分散できていないと、マットレス自体の寿命も短くなってしまいますね

どうしても、マットレスは腰の部分に体圧が集中しやすいので、ヘタリも腰の部分から始まります。

ヘタってしまうと、朝目覚めたときに腰が痛く感じたり、足がしびれたり、肩が凝ったり・・・と残念なことばかり。

 

別の記事で、『マットレスを長持ちさせる方法』を書いたので、そちらもご紹介しますね。
上手に体圧を分散できるように、よかったらこちらも読んでみてください。

マットレスの寿命をのばす!おススメの使い方 この記事に書かれているおススメの方法は、マットレスだけではなく『お布団』にも使えます みなさん、マットレス...

 

『体圧分散』いかがでしたか?

こんどお布団やマットレスを買いに行ったら、『体圧分散』という言葉が入っているかどうかぜひチェックしてみてください。

それでは、おやすみなさいzzz。