お布団・マットレス

マットレス、そろそろ買い替えの時期?気になるマットレスの寿命とは

みなさん、寝るときはベッドを使いますか?
それとも、お布団を敷いて寝ますか?

現代の日本では、寝るときにベッドを使う人は約50%

意外と少ないと思ったのは、私だけでしょうか?
私の周りでは、ベッドを使っている人が多いのでちょっと意外でした。

ベッドの良いところは、起きたあと片づけなくていいこと
お布団の良いところは、片づければ部屋が広く使えること

どちらも捨てがたい理由ですね。

 

今回はマットレスのお話しです。

お布団を使っている人もぜひ、マットレスをお布団に置き換えて読んでみてください。
じつは、マットレスもお布団も共通点が多いので、少しでも参考になれば嬉しいです。

 

では、ここではマットレスの買い替えの時期を探っていきます。

 

 

マットレス、そろそろ買い替えの時期?
気になるマットレスの寿命

マットレスって、寿命があるの?

あります! 平均で約10年です。

みなさんが使っているマットレス、使い心地はどうですか?

なんとなく、寝心地が悪いな、、、とか。
背中や肩、腰が痛いな、、、とか。

もし、朝スッキリ起きれないようであれば、そろそろマットレスの買い替え時期なのかもしれません。

 

マットレスは私たちが寝ている間ずっと、体を支えてくれています。

大人の体重の平均は、50~70㎏くらいです。
その体重が全て、一晩じゅうマットレスにのしかかっています

ヘタらないほうがおかしいですよね。

 

マットレスの平均寿命は約10年と言われています

最近は、睡眠が注目されていることもあって、各メーカーごとに研究を重ねているので、もっと長い耐用年数で紹介しているマットレスもたくさんあります。

ですが、メーカーさんが紹介している耐用年数はあくまでも目安。
毎日使う人の使い方で、長くもたせることもできれば、短くもなります

 

では、どうしたら長くもたせることができるのでしょうか。

 

マットレスの寿命をのばす!おススメの使い方 この記事に書かれているおススメの方法は、マットレスだけではなく『お布団』にも使えます みなさん、マットレス...

 

 

体重はマットレスの寿命に影響する?

A:影響します。

体重そのものというよりは、いつも同じ場所に体重がかかってしまうことがマットレスの寿命に影響してきます。

マットレスはどのメーカーでも、あらゆる体形や体重を支えられるようにつくっています。

もちろん、「体重が重いとダメ」というお話しではないので、安心してくださいね。

ここでは『マットレスの耐用年数は、体重の重さで違いがあるのか』をみてみます。

 

いきなりですが、わかりやすい例を1つご紹介しますね。

マットレスを『木綿豆腐』に例えてみます。

木綿豆腐をお皿に乗せて置いたとします。
その上に、
1⃣アーモンドを一粒のせたもの
2⃣リンゴをまるごと1個のせたもの

Q:時間がたっても、お豆腐の形が崩れにくいのはどっちでしょうか?

A:アーモンドです

かなり極端な例えなので、想像がつきやすいかと思います。

 

では、上の例を人に置き換えてみましょう。

【毎晩の睡眠時間=2人とも、7時間だとします】

お 豆 腐=『マットレス』
アーモンド=『体重が 40㎏の人』
リ ン ゴ=『体重が100㎏の人』

体重  40㎏の人を支え続けるマットレス。
体重100㎏の人を支え続けるマットレス。

Q:日にちが経っても、マットレスの形が崩れにくいのはどっちでしょうか?

A:崩れにくいのは『体重が40㎏の人(アーモンド)』です。

全く同じマットレスを、同じ環境で使ったとしても、100㎏の人のマットレスのほうが早くヘタリます。

マットレスには、毎晩ずっと体をのせているので、どうしてもヘタリはでてきてしまいますね。

 

マットレスを使うときのクセに注意!

同じ場所ばかり使わない

たとえば、、、

  • 必ず右側に寄って寝るクセがある人は、右側が早くヘタリます。
  • マットレスのへりに座って本を読んだり、スマホをみたり。
    へりに座るクセがあると、へりが早くヘタリます。

 

同じ場所にばかり体重をかけてしまうと、その部分がヘタりやすくなっていまうので要注意!
少しずつ場所をずらしてみましょう。

はじめに書いた、マットレスの寿命は10年というのは、あくまでも平均です。

マットレスそのものの特徴によっても変わってきます。
厚さや素材、中のつくりなどで全然違います。

同じメーカーのマットレスでも、それぞれの商品の特徴などによって多少の差がでてくるので、買うときにお店の人とよく相談してみてください。

みなさんの、体形や寝るときのクセを考えて、一番合うマットレスを選んでくれると思います。

 

『体圧分散』って何?マットレスを使って説明してみよう!みなさん、『体圧分散(タイアツ・ブンサン)』って言葉を聞いたことがありますか? 今、寝具業界では、この『体圧分散』が当たり...

 

マットレスがヘタっているか調べてみよう!

(注)『ヘタっている』とは?

ここでは、柔らかくなってつぶれてしまっている状態のことを言っています

マットレスの寿命が気になるときって、ヘタリがあるか気になり始めたときですよね。

自分でできる簡単なヘタリチェックの方法をご紹介します。

簡単なチェック方法

①手で押してみる

  • 1⃣寝たときに腰が当たっている部分
  • 2⃣寝たときにカラダが当たらない端の部分

この2か所を交互に押してみてください。
やわらかさに差があるようだったらヘタっている証拠です。

 

②座ってみる
手で押してわかりにくいときは、座ってみてください。
座る場所は、手で押すときと同じ2か所です。

手で押してみる方法や、座ってみる方法は簡単にできます。
気になったら、試してみてください。

寝るときにマットレスに乗っているのはカラダ全体。
手やおしりより面積が大きいですよね。
小さい面積で押すと、そのぶん力が集中するので、実際に体を乗せたときと柔らかさの感覚は変わってきます。

この方法は、マットレス自体の柔らかさや硬さを調べるのではなく、普段使っている部分と使っていない部分の差を感じとるための方法です。

 

 

まとめ

Q:マットレス、そろそろ買い替えの時期?気になるマットレスの寿命とは?

A:マットレスの平均寿命は、約10年。
朝、起きたときにスッキリ目覚められないようならそろそろ買い替えの時期です。

気になり始めたら、マットレスをチェックしてみよう!

『寝たときに腰が当たっている部分』と『普段使っていない端の部分』

  • 手で押してみる
  • 座ってみる

マットレスの買い替えって面倒ですよね。

でも、ヘタっていないマットレスで寝ると、朝の目覚めが全然違ってくるんです。

ぐっすり眠って、スッキリ朝を迎えたいですね。

 

 

では、おやすみなさいzzz。