シーツ・カバー・かけ布団

枕カバーは使ったほうがいいの?

 

とり先生
とり先生
枕カバー使ってる?
みぞれや
みぞれや
付けたり外したりが面倒だから使ってない。
枕の上からバスタオルをかけて済ませちゃってるかな。
とり先生
とり先生
あらま

 

みなさん、『枕カバー』使ってますか?

私は約3年間、寝具店でたくさんのお客様と一緒に枕を選んできました。

そこでびっくり!
買う枕が決まったお客様はみなさん、「枕カバーはありますか?」と聞くんです。

 

枕と枕カバーを一緒に買う人の割合は約80%!

もちろんこの80%というのは、私が数えたお客様の割合です。
ほかのお店では違うかもしれません。

 

ですがこれは、もともと枕カバーにこだわりがない私には、かなりの衝撃でした。
こんなに枕カバーを使う人がいるとは!

 

そこで今回は、私も寝具店で勉強するまで知らなかった、枕カバーのメリットについて探っていきます。

 

 

枕カバーは使ったほうがいいの?

使ったほうがいいです! ぜひ使いましょう。

枕カバーを使うだげで、寝起きのスッキリ感が変わってきます。

もし、使っている枕がスベる素材だったらどうなるでしょう。

少し動くたびに、頭がずれたり、頭の下から枕がいなくなってしまったり。。。
違和感を感じ、体を守ろうとして力が入ってしまいます。

 

力が入ると、体を痛めるだけではなく、眠りが浅くなってしまうんです。

そうならないためにも、枕カバーは必要になってきます!

 

 

 

枕カバーを使うメリットとデメリット

枕カバーを使うメリットを3つあげてみます。

  • 頭がスベらない
  • 汗を吸ってくれる
  • 枕の表面が傷みにくい

ほかにも、

  • お気に入りの色や柄でリラックスできる
  • 高さ調節にも使える

など、枕カバーを使うとたくさん良いところがあります。

 

 

デメリットをあげるとすると。。。

枕カバーを使うと、洗濯ものが増える。

ですね。

 

枕カバーの種類

枕カバーにはいろいろなものがあります。

 

まずは、かたち

  • すっぽりと靴下をはくように入れ込む、筒形のタイプ
  • 使う部分だけ腹巻のようにかぶせる、両脇が開いた筒形のタイプ
  • 使う面だけにかぶせて、四つ角のうしろをゴムで留めるタイプ

など。ほかにもたくさん。

 

 

素材も、

  • 綿
  • ガーゼ
  • タオルのようなパイル地

など。こちらも、ほかにもたくさんあります。

 

 

特徴は

  • 伸びる生地でできているかどうか(伸縮性)
  • 冷たく感じる(接触冷感)
  • 温かく感じる(接触温感)

など。

 

最近はとくに、季節に合わせて特徴のある枕カバーがでてきています。

『冷感』『温感』タイプは、毎年新しいものがでていて、冷たさや温かさのレベルが選べるようになってきました。
すごいですね。
お店で試しているだけでも楽しいです。

 

みぞれや
みぞれや
夏は特に枕カバーがおススメ!
枕カバーを冷感タイプにするだけで、かなり寝苦しさがとれるよ。

 

 

 

枕カバーを選ぶときに気をつけることは、この3つです。

  • 自分の枕とサイズが合っているか
  • カバーの厚さは、枕の高さに影響しないくらいか
  • 付けたり外したりが簡単にできるか

どれもかなり重要なポイントです。

 

とり先生
とり先生
サイズが合わないと、首や頭を痛めることもあるから気をつけて!

 

生地の厚さも、重要ですね。
ほんのちょっとでも高さが変わると、かなり違和感を感じます。
でもこれは、逆に言うと、『カバーを変えることで高さの微調整ができる』ということなんです。

ここは、デメリットだと思わずに上手に使っていきましょう。

 

みぞれや
みぞれや
枕の高さって、急に合わなくなるよね。
そんなとき、枕カバーで調節できたら便利かも。

 

 

まとめ

枕カバーを使うメリット

  • 頭がスベらない
  • 汗を吸ってくれる
  • 枕の表面が傷みにくい
  • 枕カバーの厚みで、枕の高さが調節できる

枕カバーを使うデメリット

  • 洗濯ものが増える
  • 枕カバーの厚みで、枕の高さが変わってしまう

みなさんも、『枕カバー』使ってみたくなりましたか?

今はわりとお手頃価格で、お布団と一緒に枕カバーまでトータルコーディネートすることもできますね。

お気に入りの色で、ちょうどいい厚さで、頭がスベらない『枕カバー』を使って、今夜もぐっすり眠りましょう。

 

 

それでは、おやすみなさいzzz